子どもに習わせたい習い事ランキングについて

いろいろな企業やメディアが、お子さんを持つ保護者の方へ、習い事事情を調査し、今通わせている、または通わせたい習い事をランキングにしています。

今回は、それらの情報をもとに、独自にピアノ教室はどれぐらい人気がある習い事なのかを、調べてみました。
筆者も2児(幼稚園児)の親として、親目線でピアノ教室の人気動向を探りたいと思います。

今回、過去5年の調査をしたところ、ランキングに出てくる習い事の常連として、
・ピアノ教室
・英語(英会話)教室
・水泳教室
・学習塾(くもん含む)
・体操教室

この5つの習い事で順位が1位~5位が変動していました。
過去10年を調べても、やっぱりこの5つで不動のようです。

あとは、男の子か女の子によっても、習い事の傾向がありました。

特にこれは昔からかもしれませんが、ピアノ教室の場合は女の子の習い事としては人気があり、男の子には水泳が人気です。

また、通い始める時期も、4歳ごろから急に増えていきます。
ピアノ教室の先生方も4歳から受け入れますという先生が大半のようですね。

中には0歳時から始められますというお教室もありますが、ピアノ教室というよりは、リトミック指導も行うお教室でした。

さて、やはり楽器の王様であるピアノ教室は昔から定番の習い事で間違いないですが、一昔前は女の子の習い事というイメージが、最近は男の子の習い事としても定着し、ピアノは脳にいい!という脳科学の先生のお話もあり、改めて注目されることにもなったようです。
それは、東大生は半数以上がピアノを習っていたということも、一つの証にもなってると感じます。

4歳時から始めて、高校受験までがピアノを習える(もちろん、それ以上通う方もいらっしゃいますが)という習い事も、他にはなかなか無いのではないでしょうか。

また、そう長く通ったピアノだからこそ得られた反復する力、考える力、忍耐力、表現力などが、社会に出たときも大きな力となり、活躍ができるのではないかと考えます。

やはり人気のピアノを習うということは、かなり多くのメリットが期待されますね。

ピアノ教室は一度通っていただくと、約10年間は通っていらっしゃる生徒さんが多いようです。
例え遠くに引っ越しをして、同じ教室に通えなくても、また他の教室を探して、ピアノは続ける方が多いです。

そうなったときにこのピアノの参考書がお役立てできると幸いです。もちろん、新たに始める方の参考にして頂けることも。